All articles about IME

Tips: Convert English to Katakana

ちょっと、ビデオの紹介が続いてしまいましたが・・・・ 😳 一応、これで一区切り。 前回ご紹介した、システム辞書をインストール。 これで英語カタカナ辞書をインストールすると、英語→カタカナの変換が簡単にできるようになります。  例えば Router は、英語の発音だと、 ラウター ですが、日本語で表記する場合は ルーター です。 同様にDatabase なども英語ですと デイタベース に近いですが、日本語で表記する場合は データーベース になります。     同様に、カタカタを英語にする場合も同じ方法です。 例えば バレー を変換すると、 Volleyball や Valley が表示され、 バレエ を変換すると Ballet が表示されます。  そんなこと、誰が決めたんだ!!!!という声も聞こえてきそうですが 、これらは内閣告示などを元に、新聞などのメディアや関連団体が規定したルールのようです。 上記のようなPC関連の用語に関しては、JIS規格が決めたルールに沿っているようです。   

How to add System Dictionary to Japanese IME

こちらは、インストールした日本語IMEに辞書を追加する方法。 (日本の)顔文字辞書とか、カタカナ、人名・地名辞書などをインストールすることができます。 このビデオでは紹介していませんが、この応用で、オリジナルの辞書を追加することもできます。 お試しあれ~。 それにしても・・・・・Youtubeの機能使ってビデオ作るのは簡単なのですが、今、Publishしてからビュー可能になるまでに時間がかかっているみたいですね。 週末で(Youtubeアップロードの)アクセスが集中していたのでしょうか?      

Install Japanese IME to Windows 7

とっても、今更感大ですが 、とりあえずWindows 7への日本語IME インストール方法をYoutubeにアップしました。 多分、英語版などのWindowsで、日本語をお使いの方は既にこの設定なさっていると思いますが、この後辞書の追加とか、その他いろいろもビデオにアップしようと思うので、まぁ、これは大前提のビデオということで 😉    

Google pinyin input & Voice Local Search

このところ、Googleからいろいろなサービスが立て続けにリリースされていますが、ここでは、弊サイトの内容にあった、2つの新しいサービスを紹介。

ひとつめは、中国語 Pinyin 入力サービス。 
今は、Windowsでも、Macでも、Linuxでも、PCからの入力はOSの機能の一部として提供されており、英語版Windows などに日本語や中国語、韓国語などをインストールする場合は、これを管理者の権限で追加インストール、切り替え設定する必要があります。
一方今回の、このGoogleのPinyin入力は、GoogleのToolとしてインストールされます。
ここで提供されている入力システム、辞書機能などがどのくらい便利か、実用的か、私はわからないのですが^^;、これだけは絶対便利だろうと思われる点がひとつ。 それは、入力システムの一元化。
英語版Windows,Mac OS X,Linuxなどで、日本語入力システムをインストールして使っていると、OSによる変換、辞書機能の違いで入力効率が違ってきます。 入力システムの違いはある程度慣れもあるのですが、それでも、3種類の異なる入力システムを利用する場合は、3種類のクセを知る必要があり、とても非効率。  
なので、OSに依存しない入力システムの一元化は、大きな意味があるな・・・と考えます。
中国語入力が必要な方、トライしてみてください。
ダウンロードは、ここGoogle谷歌 拼音输入法からできます。
 
そして次がVoice Local Search。
 

Continue reading Google pinyin input & Voice Local Search

Input Languageの切り替え

デフォルトInput Languageの設定では、Windows XPに追加した他国語入力システムから、デフォルトのInput Languageを設定する方法をご紹介しました。
ここでは、インストールしたInput Languageを切り替える方法について説明します。

Continue reading Input Languageの切り替え

デフォルトInput Languageの設定

英語版Windows XPの日本語化Windows XPで中国語・韓国語入力Windows XPでフランス語入力でご紹介したように、Windows XPでは、入力システムに他の言語を追加することで、いろいろな言語での入力ができるようになります。
ところが、英語版Windows XPでは、入力の初期状態(デフォルトInput Language)が英語になっています。 (日本語版Windows XPでは、デフォルトが日本語です。)
ここでは、このデフォルトInput Languageを変更する設定について説明します。
 

Continue reading デフォルトInput Languageの設定

Windows XPでフランス語入力

1. フランス語を使うユーザのユーザIDでログオンします。 2. “Text service and input languages”の”Details”からフランス語をインストールします 3. アクサン・グラーヴ(à è ù)、アクサン・シルコンフレクス(â Ê î ô Û)などを入力する場合 上記の設定でFranch(France)を選択すると、キーボードはフランス語キーボードのAZERTY配列になります。 (参照:キーボードレイアウトいろいろ) 英語のキーボードのQWERTY配列に慣れている方で、このキー配列でフランス語を入力したい場合は、上記の設定でFrench(Canada)を選ぶとよいでしょう。 (参照:英語キーボードで外国語入力) キーボードを使わずに入力する方法は、特殊文字の入力方法を参考にしてください。 またWordで入力する場合は、Shift+End+母音キーを押すと、フランス語用のインストールを聞いてきますので、必要に応じてインストールしてください。

英語版Windows XP日本語化の注意事項

Windows XP起動


<< 簡易版IMEのアンインストール >>

↓(必要に応じ)↓

Windows XP
の日本語化
詳細設定
ソフトウェアの
日本語設定

 今更ですか^^;、英語版Windows XP日本語化の手順を注意事項も含めてまとめてみます。
英語版Windows XPで日本語を使うには、左記のような手順で日本語化を行います。
 
簡易版IMEのアンインストールとは:
Windows XPの日本語化 基本/詳細設定を行う前にインターネットエクスプローラでインターネットに接続し、日本語のサイトをアクセスすると、下記のようなメッセージが表示され、日本語用のパッケージがダウンロードされます。

このパッケージには、インターネットエクスプローラなどからのみ日本語入力できるIMEも含まれており、これをInput Serviceで選んでしまうと、他のアプリケーション、ソフトウェアで日本語入力できないなどのトラブルが発生します。 
 

Continue reading 英語版Windows XP日本語化の注意事項

英語版Windows XPの日本語化

この設定によって、英語版Windows XPに日本語表示・入力のプログラムが(その他Asiaを含む)インストールされ日本語入力できるようになります。

Browser/E-mail
Messenger
Office XP
Other Application
日本語(その他Asia)入力・変換プログラム

英語版 Windows XP

 
設定方法は以下の通りです。

Continue reading 英語版Windows XPの日本語化