All articles in About

ホームページの守り方

ホームページの守り方: ここでは、Web上に公開したホームページの著作権の守り方について、当サイトが有効と考える方法をまとめています。 これらの方法が、著作権の守り方としてどこまで有効か、また、著作権が侵害されたときに法的にどこまで有効なものか、全くわかりません。 また、守りたい著作物によっては、使えない、有効ではない方法もあるかもしれませんが、方法によっては有効なものもあるかもしれません^^;   あくまでも、自分の著作物と照らし合わせて、有効と思われる手段選んでみてください。     1.著作権の明記 WebページのCopy Rightsや&copyマークは入れておきましょう。 厳密にはこれらの表示はなくても著作権は認められますが、サイトを訪れた人に 著作権について注意を払っているよ。 という意思を表すためにもいれておいた方がよいでしょう。 画像やプログラムにも可能な限りいれておくとよいでしょう。    また、著作物をどのように扱って欲しいかも明記しておきましょう。 例えば、当サイトのCopyrightsは、リンクはどのページにも自由、引用する場合は引用先を明記してください。 といった内容です。   2.ファイル更新の際、オリジナルを必ず保存 サイトの更新履歴だけでなく、ファイルの更新履歴を保存しておきましょう。 Webページ、プログラム、画像、動画、その他Webサイトで使われるファイルを更新した場合は、必ずオリジナル(以前のファイル)をどこかに保存しておきましょう。  その際、オリジナルファイルの日付が書き換えられないように注意しましょう。   3.ファイル分散保存・証拠保存(?) 保存したファイルは、PCのハードディスク内だけでなく、CD-ROMなど書き換えが不可能な媒体にも定期的に保存しましょう。 これはファイルのバックアップのためだけでなく、保存したファイルの日付に偽りがないことをできるだけ客観的に残すためです。  客観的 に残すための工夫は、著作物によってそれぞれ工夫してください。 場合によっては、ニュースサイトの画面と一緒に画面ハードコピーを取るなどの方法も有効かもしれません。   4.ファイル証拠保存(?) その2 … More ホームページの守り方

ケーススタディ2

ケーススタディ2: 当サイトの内容が巨大サイトに流用された例 ここでは、当サイトのブラウザ・メールの日本語設定に関するページ、文字化けの直し方に関するページが、個人のサイトを経て、とある大きなサイトの 『海外で使うPC 設定』といったコーナーに流用されていたケースの経緯をまとめています。   ただし、このケースは今現在、解決しておりません。   当ケースは、当サイトのページ更新 → 流用先サイト更新 を繰り返しているにも関わらず、該当サイトの製作者が 自分が作成した と主張しており、当サイトとして対応を考えあぐねているところです。 解決へ向けてのアドバイス等ございましたら、是非お願い致します。 経緯詳細は以下のとおりです。   当サイト 流用先サイト 詳細 文字化けの直し方に関するページ作成Oct. 2002 ↓ 当サイトの文字化けの直し方に関するページ作成。 当時、当サイトは、アメリカの無料ホームページスペースを借りて運用。 ブラウザ・メールの日本語設定に関するページ作成  Dec. 2002 … More ケーススタディ2

ケーススタディ1

ケーススタディ1: 当サイトの内容が某会社に流用された例 ここでは、当サイトのPCに関するFAQの内容(当時)が、とある会社の 『海外で使うPC FAQ』といったコーナーに流用されていたケースの、解決までの経緯(約2ヶ月)をまとめています。 経緯 詳細 流用先サイト発覚 ↓ 海外に住む日本人のためのサイトのリンク集に 海外に住む日本人のために日本語ソフトウェアを販売している会社のサイト があり、そこのFAQを見たところ、当サイトの内容と酷似していた。 当時、当サイトは、アメリカの無料ホームページスペースを借りて運用。該当のサイトは日本のサイト。 参考:(インターネットアーカイブに残っているログから) – 当時の当サイト画面ハードコピー  – 当時の流用先サイト画面ハードコピー 対応方法をWebで検索掲示板、Web製作者MLなどに相談。 ↓ 対応方法をWebで検索、掲示板、Web製作者MLなどに相談した結果、 ・該当会社宛にメール送付・アメリカサイトにホームページを持っている場合は、アメリカの著作権が適用される。・アメリカサイトにホームページを持っている場合は、アメリカから訴えなければ無効。・誰が書いても同じ内容は、著作権が発生しない。 よって当サイトの内容には著作権がない。・著作権を守りたいのなら、パスワードなどの保護をかけておかないと駄目。・日本から内容証明を送る。 ・相手が会社ならば個人サイトは勝ち目はないから、黙認する。 などの意見を戴く。(注:この中には誤った対応方法もあります。) 企業の担当者にメール ↓ 該当サイトの担当者へ、FAQの内容が酷似していること、引用する場合は、引用先を明記して欲しい旨のメールを送付。全く回答無し。 著作権協会さんなど専門家からのアドバイスを戴く。 ↓ 日本著作権協会さんなどから下記のようなアドバイスを戴く。 ・日本人が作成したものに関してはすべて日本の著作権が適用される。・該当サイト(会社の独自ドメイン使用)のホスティング会社を調べ、ホスティング会社宛に問い合わせる。・当サイトが、該当サイトよりも以前に作成していたことを証明できる情報を集めておくよう指示を戴く。 ・相手先が引用していることが明確であれば、内容証明送付の必要は特になし。・当サイトとしての要求を明確にしておくこと。(当サイトの要求は、 引用先を明記して欲しい。 のみ。)  … More ケーススタディ1

著作権の守り方

ここでは、当サイトの内容が他のサイトに無断流用された事例を元に、作成したホームページ・Webサイトの著作権(知的所有権)を守るためのいろいろな方法・対策について、また、不幸にも作成したホームページ・Webサイトが他のサイト・メディアなどに無断流用・盗用、盗作、剽窃・コピペ・パクられた場合の対応方法についてまとめてみました。   当サイト管理者は、法律の専門家でも何でもありませんので、ここでの解決策が法的に絶対正しいかどうかなどはまったくわかりません^^;。   ただ、当サイトが他のサイトに無断流用されたときに、相手の著作権を侵さないように注意を促すサイト・情報は多く見つかったのですが、 侵されないように守る方法 や 無断流用・盗用、盗作、剽窃・コピペ・パクられた場合の対応 についての情報がなかなか見つからなかったため、ここに1事例としてまとめてみました。   ホームページを 無断流用・盗用、盗作、剽窃・コピペ・パクられることはサイト作成者にとって創作・運営意欲を失うほどショックなことです。 ですが、ここで、このような内容をまとめた理由は、無闇矢鱈にホームページを 無断流用・盗用、盗作、剽窃・コピペ・パクられた と大騒ぎしたり、自分の著作権のみを主張するためではありません。    ホームページ作成・運営にあたっては、あくまでもお互いの創作物に対して最大限の尊敬を払い、インターネットというオープンな世界でお互いが切磋琢磨し、よりよいページ・サイトを作って&運営していけるようにお互いが充分配慮していこう!というつもりでまとめました。 さらに被害にあったときは、サイトの大・小、運営母体の大きさ(個人・企業など)に関わらず、冷静かつ客観的に自分の著作物に対する権利を堂々主張しよう!という意図もあります。   インターネットは、便利な反面、まだまだ発展途上・未熟な面もあります。 便利な面を最大限利用しつつ、未熟な面を少しでも補えるよう、このような情報をお探しの方の少しでもお役に立てたらと思います。   Nihongo PC 管理人

Copyright

♣ NihongoPC 著作権・免責事項 著作権について: 当サイトに記載されている内容、写真などの著作権はすべて当サイトの製作者にあります。 当サイトが利用している画像・プログラム等の著作権はその製作者にまた、掲示板・フォーラムなどへの投稿文はその投稿者に著作権があります。無断で転載、複製、放送、公衆送信、翻訳、販売、貸与などはできません。 これは内容全文ではなく、一部だけコピーした場合も含みます。  引用について: 当サイトに記載されている内容等について引用する場合、 著作権法上認められた正当な引用を行ってください。特に、 a.出所の明示。 b.引用する側が「主」で、引用される側が「従」という関係。 c.本文と引用部分が明らかに区別 できる。 d.内容的に引用部分が従であること。 は必ず守ってください。 リンクについて: 当サイトへのリンクは、フレーム内に表示するような方法を除き、基本的に自由です。リンクはどのページに貼って戴いても構いませんが、ページ更新(削除等)のリンク切れを避けるためには、トピックのトップページに貼って戴くとよいと思います。 例えば、英語版PCの日本語化のページならば http://nihongopc.us/ossettings/xp.html のページにリンクし、 http://nihongopc.us/ossettings/xp50.html   … More Copyright

About us

NihongoPC: 当サイトは、NihongoPC管理人が個人で運営しているサイトで、いかなる団体にも所属しておりません。 当サイトの著作権、免責事項などについては、NihongoPC 著作権・免責事項を参照してください。 当サイトは、ブラウザInternet Explore 6.0, Firefox2.0、画面サイズ 1280*1024 で主に動作・表示確認をしています。 それ以外のブラウザ、画面サイズでご覧の場合は、表示などが乱れる場合があります。 ご了承ください。    利用サービス: WebHosting – GoDaddy.com 当サイトでは、Domain,Web Hosting service ともGoDaddy.com さんを利用しております。 理由は、 1. 価格が安い!! 2. ドメイン登録には、個人情報保護のサービスがある。 … More About us