All articles in 7.1 Linux:全般

これは便利、aproposコマンド

これは、Linux初心者にとっても便利なコマンドです。 apropos コマンド コマンド に、copy,mkdirなどのコマンドを入力すると、類似するコマンドとその説明を表示してくれます。 Linuxで、こんなこと(例えば、コピーとか、バックアップとか、)したいけれど、どのコマンドが一番最適かな~と調べるときに便利なコマンドです。 OLPCでは使えませんが、その他のLinuxでは使えました。   [via Use apropos to find the command you’re looking for]

OLPC: Windows共有フォルダにアクセス

OLPCから、ネットワークドライブにアクセスできないか試行錯誤していて、マウントはできなかったもののSambaでアクセスできることを発見。  それならWindowsの共有フォルダもいけるのでは?? と、試してみたところ、無事アクセスできたので、その方法をまとめておきます。
 
事前準備
Windows PC/ネットワークドライブ側の設定
1. Windows PC、ネットワークドライブのWorkgroupを統一しておく。 
2. Windows PCの場合は、共有フォルダを設定。
3.Windows PC/ネットワークドライブのIPアドレスを確認しておく。
1.、2.については、ネットワーク経由で共有フォルダを使うときのお決まり作業なので、説明省略^^;
OLPCのsamba clientからは、IPアドレスで相手PCを指定するので、3.が必要です。 Windows XP/Vistaの場合は、 ipconfig コマンドで確認できます。
 

Continue reading OLPC: Windows共有フォルダにアクセス

OLPC: 日本語化2

前回、OLPC: 日本語化1では、OLPCで日本語入力を起動するには、 ロケールの設定 が必要で、その設定方法には次の3種類あることをお話しました。
1. Sugar-control-panelから変更
2. 環境変数の、LANGで変更
3. 環境変数の LC_CTYPEで変更
この設定、 いずれかを行えば日本語入力システム(SCIM)が起動するのですが、他への影響が多少異なります。  今回はその違いについて。
 
 
 

Continue reading OLPC: 日本語化2

OLPC: 日本語化1

OLPCを受け取って間もなく、OLPCで日本語が表示、入力できるように日本語化したのですが、環境変数などの設定が、どうも納得いかず、試行錯誤していました。
弊サイト的にはまだ少し疑問が残るのですが、解決できるかどうかもわからないので^^;(もしかすると、OLPC独特の設定???とも思ってみたり・・・・)、とりあえず、わかったところまででOLPCの日本語化についてまとめてみることにしました。
この内容、今後も修正の可能性ありますので、ご了承の上ご利用くださいまし。
 
また、Linuxに詳しい方のアドバイス、ご意見、大歓迎です♥
 

Continue reading OLPC: 日本語化1

OLPC: Terminalの使い方3

OLPC Terminalの使い方、その3回目は、OLPC日本語化の際にこれまた避けて通れない^^; viagra generika kaufen ohne kreditkarte viエディタの使い方です。
LinuxのViエディタは、WindowsでいうところのNotePad(メモ帳)、つまりテキストエディタです。
ここでは、Windowsユーザ(。。。というか私が^^;)がViエディタを使うときに戸惑った使い方を中心にまとめてみます。
まず、Viエディタは、Terminalから
vi ファイル名
と、入力すると起動し、指定したファイルが表示されます。 NotePadでは、ここから文字を入力、編集していけるのですが、 Viエディタではできません!!!
実は、Viエディタには、 can you get cialis in canada コマンドモード と  編集モード というモードがあり、コマンドモードはNotePadでいうところのメニューバーからの操作(つまり、File → Open, File → Save as ….といった操作)にあたり、編集モードがテキストの入力モードにあたります。
そして、Viエディタ起動直後はコマンドモードになっているため、すぐにはテキストの入力ができないのです。
 
Windowsユーザにとって最初の関門^^;、コマンドモードを編集モードに変換するキーが、
 

Continue reading OLPC: Terminalの使い方3