All articles in 5.3 日本語の設定関連

海外版PC/iPadに日経ストアのアプリインストール

今朝Gigazineさんで、「日経ストア」から電子書籍「ツイッター創業物語」を無料ダウンロードできることを知り、早速トライしてみました。

1944円の電子書籍「ツイッター創業物語」を無料で日経ストアからゲットする手順

これは、日経グループ電子書籍販売サイトの日経ストアさんのオープン1周年を記念したキャンペーンで、先着1万人の無料ダウンロードです。
Gigazineさんで紹介されている手順を拝見すると、

Continue reading 海外版PC/iPadに日経ストアのアプリインストール

How to add System Dictionary to Japanese IME

こちらは、インストールした日本語IMEに辞書を追加する方法。 (日本の)顔文字辞書とか、カタカナ、人名・地名辞書などをインストールすることができます。 このビデオでは紹介していませんが、この応用で、オリジナルの辞書を追加することもできます。 お試しあれ~。 それにしても・・・・・Youtubeの機能使ってビデオ作るのは簡単なのですが、今、Publishしてからビュー可能になるまでに時間がかかっているみたいですね。 週末で(Youtubeアップロードの)アクセスが集中していたのでしょうか?      

Firefox タイトルバーの文字化け

Kindelで本の貸し借りができるようになったり、Verizonから2月にiPhoneが発売予定だったりと、気になる記事は沢山あれど、出遅れ感たっぷり。。。。なので、今回は久々に弊サイトっぽいネタを^^;。 タイトル通り、Firefoxでタイトルバーが文字化けします。 これ、結構以前からなのですが、発生する条件がイマイチ確定できず、よって解決もできずにいました。  でも、最近になって発生する条件が何となく限定できてきたので、ちょっとまとめてみます。 新しいFirefoxが来月あたりリリースされるようなので、そのときには改善されているとよいのですが・・・・ 1. WebページからPDFファイルを開いたとき WebページにPDFファイルへのリンクがあり、それをクリックしてPDFファイルを開くと、かなりの確率でタイトルバーが文字化けします。 Webページの文字コード(UTFとか、JISとか)は関係ありません。 PDFファイルが英語であっても文字化けします。 この場合、開いたPDFファイルのタイトルバーは文字化けしていないのですが、既に開いているタブの日本語部分が文字化けします。    2. UTFで書かれたページからJISなどで書かれたページへのリンクを開いたと UTFで書かれたページに、JISなどで書かれたページへのリンクがあって、それをクリックして開くとタイトルバーが文字化けします。  正確には、リンクで無くても一度UTFで書かれたページを開き、その後JISなどで書かれたページを開くと文字化けします。 ただしJISで書かれたページの後にUTFで書かれたページを開けても文字化けしません。   3. RSSリーダーからJISで書かれたページを開いたとき 2.と同じケースなのかもしれませんが。   4. GmailでDocomoの携帯メールを受け取ったとき これは、発生頻度がかなり低く、また、一度は(タイトルバーが)文字化けしたメールを再度開けても再現しなかったり。。。なので、多分他の要因も関係しているのだと思いますが、不明^^; と、大体こんなところです。 … More Firefox タイトルバーの文字化け

Google IME その後

今週は、どこもiPadの話題でもちきりですね。 何だか、Kindleに満足してiPadにはあまり感動しなかった私、出遅れ感一杯です。 あまりにも出遅れ感があるので、この話題には触れずに^^;・・・・Google IMEのその後の様子を少し。 前回、クリーンインストールしたVistaにGoogle IMEをインストールしました。  私のPCはデフォルト入力モードが英語なので、日本語入力に切り替えるときは、 Alt+Shiftで日本語入力(英語)モードに、Alt+~でひらがな入力モードに、と2ステップで切り替えます。  クリーンインストールした直後は、Alt+Shiftへの切り替えもAlt+~への切り替えも比較的スムーズだったのですが、最近、Alt+~でひらがな入力モードへの切り替えが遅くなりました。  んんん・・・どうしてでしょう。  それからサジェスト。 これは、多分サジェストの機能だと思うのですが、Google IMEで直近の入力が頻繁にでてきます。 この機能、メールやチャットで関連の高い話題を繰返しているときなどには便利なのですが、メールから例えばBlogのエントリーに切り替えて全く違う話題になるようなときには、逆にちょっと煩い。。。。 後気になるのは、辞書機能の口語変換。 例えば、「(ファイルなどを)ひらこう」と入力すると「平光」が出てきてしまう….orz….これ、Google IMEが出たときから改善されていません。 加えて、今起こっているのは、このエントリー書いている最中に発生で^^;、Google IMEを入力した後、ショートカット使って平仮名モードへの切り替えが出来なくなりました。 Aが_Aに変わるだけ。  使いやすさと安定性、もう少し改善の余地ありですな~。  

Windows VistaをClean installしてGoogle IME

最近、Windows Vistaの動きが、かなりもさ~っとしてきたので、そろそろクリーンインストールの時期・・・・と、重い腰を上げ^^;クリーンインストール実施しました。 あ~、かなりすっきり!!!! で、今回は、クリーンインストール+SP2をあてた後、MS-IMEをインストールする前にGoogle IMEの開発版をインストールしてみました。 これで、Google IMEの日本語入力モードへの切り替え(私は英語入力をデフォルトにしているので)が少しは改善されるかなという期待と、Google Chromeで使った時の変換の遅さが改善されるかなという期待です。 結果、今のところ、日本語入力モードへの切り替えはかなり早くなりました。  また、Google Chromeで日本語入力した時の変換も今のところ良い感じです。 (以前は、私のタイピングに変換が追いつかず、誤変換や変換が止まったようになっていました。 私のタイピングの早さは、まぁ、人並みで^^;、MS-IMEとChromeを含む他のブラウザでは、このようなこと起こったことがありません。 以前の環境では、何故かGoogle ChromeとGoogle IMEの組み合わせでのみ起こっていました。) 実はまだMS-IMEをインストールしていないので、MS-IMEをインストールして様子を見てみたいと思います。 前回のGoogle IMEのアップデートから、変換がちょっと使い易くなりましたね。

ファイルを解凍したらPDFのタイトルが文字化け

久々に、文字化けトピックです^^; 先日、期間限定で無料ダウンロードを開始した、文藝春秋の人気新書 生命保険のカラクリ をダウンロードし、Amazon Kindleで読もうとしました。 ファイルはZip形式で、Zipファイル名はseiho_karakuri.zip。 これをダウンロードして、解凍すると 生命保険のカラクリ というタイトルのPDFファイルが出来上がるのですが、なんとこのタイトルが文字化け。 (\(^o^)/・・・久々に、おもしろそうな文字化けなので、ついつい喜んでしまいました^^;) 本文(PDF内)はPCでもKindleでも文字化けせず読めるので、タイトルだけが文字化けという状態です。 一応、原因は何となくわかったものの解決方法がわかっていないので、ちょっと中途半端なのですが、とりあえず、今までわかったことを覚書として残しておこうと思います。 まず、Windows Vistaで上記のファイルをダウウンロードして解凍し、PDFファイルの日本語タイトル(=ファイル名)が文字化けしていた時点で、最初に疑ったのは、 MacでZipファイルを作って、Windowsで解凍すると日本語ファイル名が文字化けする という、有名な^^;文字化け。 一応AppLocaleを使って解凍アプリケーションを起動し、解凍したところ日本語のタイトルが文字化けせずにPDFが出来上がりました。 (ということは、ファイル名のエンコードをSJISで行うとOKということ。) ただし、このファイル(Windows上では文字化けせずに、日本語で表示されているファイル)をKindle(Linuxベース)へ持っていくと、やはり文字化け。 で次にMac OSXの方で解凍してみると、やはり文字化け。 何故、こんなことが起こるのかな~、と調べてみたところIBMのWindows のファイル名の文字コードについてという資料を発見。 基本的に、Windows2000、 WindowsXP などの NT … More ファイルを解凍したらPDFのタイトルが文字化け

Google Japanese IME

Google 日本語入力に開発版が追加されました。 Google 日本語入力(ベータ版)がリリースされたことは以前のエントリーで、ご紹介しましたが、その開発版が出ました。 開発版は、新機能や問題の修正をいち早く確認できる一方で、安定性はベータ版よりも不安定になるかもしれず、一般の利用はベータ版を薦めているようです。 開発版は、(以下引用) ・ 新機能が開発段階の形でリリースされます。場合によっては、一度追加された機能が次の更新で削除されることもあります。 ・ 公開前に行っている社内テストが、一部省略されています。 ・ ベータ版よりも頻繁に更新されるため、予期しないタイミングで使用できなくなるリスクが高くなります。 ・ 問題の早期発見のため、使用統計データと障害レポートの送信が常にオンになります。 ・ 単語候補の選択ウィンドウにビルド番号が表示されます。 といった違いがあるようです。 私のPCにインストールしたベータ版のGoogle日本語入力は、Chromeで使うとトラブル多いので^^;、それなら開発版にしてしまいましょう!!!と、開発版インストールしました。 それにしても・・・・とっても素人な意見で申し訳ないですが、入力システムの部分と辞書の部分って分けられないんでしょうかね~。  日本語入力システムの肝の部分って、辞書機能のような気がするんですよね。 なので、辞書機能の部分だけ、自分の使い方にあわせて組み合わせできるとよいのですが・・・・ … More Google Japanese IME

Baiduの日本語入力 Baidu Type

先日のエントリーで、Googleからリリースされた日本語入力システムをご紹介しましたが、中国の検索サービスでGoogleライバル(?)と評されているBaiduも同様のソフトをリリースしました。 現在はWindows XP版のみ。 Youtubeに紹介のビデオが上がっています。   Baiduの日本語入力、使用感はまた後程^^;  

Google 日本語IME install

昨日リリースされたGoogle 日本語入力インストールしてみました。 はじめはAjax IMEやWebIMEのように、辞書がオンラインになっているのかと思いましたが、そうではなくオフラインでも使えます。  すごい!! インストールもサクサク軽く、終了。  そこで、MS-IMEと簡単に比較してみました。  Google 日本語入力のサイトへ行って ダウンロード開始 デフォルトのIMEには設定せず、インストール とりあえず、Google IMEが持っている辞書機能をチェック。 ここで、MS-IMEには無い Date/Time Conversion と Special Number Conversion を発見^^; Date/Time Conversionとは、例えば「ことし」と入力すると、「今年」という漢字への変換の他、2009年、平成21年といった候補も表示してくれる機能、素敵♥♥ 勿論、「来年」、「今日」なども使えますよ。 ただし、日付は使っているPCの日付を利用しているようなので、「今日」の日付は西海岸時間の12月3日となり、日本時間ではありませんのでご注意ください^^; … More Google 日本語IME install

Amazon Kindle 2 で日本語表示

ようやく^^;、Amazon Kindle 2の日本語表示についてです。
Kindle 2の日本語表示について説明をする前に、まず、Kindle 2でどんなドキュメントが表示できるか整理しておきます。
Kindleで表示できるのは、
1. Amazonで売られているKindle用の電子書籍(.azw形式のファイル)
2. Webページ(Kindleにインストールされているブラウザで)
3. 以下のファイルは、Kindle用に変換して表示可能(Kindle 2の場合)

• Microsoft Word (.DOC)

• RTF

• PDF

• Structured HTML (.HTML, .HTM)

• JPEG (.JPEG, .JPG)

• GIF (.GIF)

• PNG (.PNG)

• BMP (.BMP)

• Compressed ZIP (.ZIP)

 
です。
1.では、日本語の本を扱っていません。 
2.では日本語が四角で表示されてしまいます。 
3.はJPEGやGIFファイルなどのイメージファイルは以前のエントリーで紹介した、Amazonのサービスを使って変換すれば大丈夫ですが、PDFなどで日本語のテキストを含むファイルは日本語が四角で表示されてしまいます。
1. の日本語のテキストを含む本の発売は、Amazonさんにお任せするしかありませんので^^;、ここでは、2.もしくは3.で日本語を表示する方法を調べてみました。
で、それには、概略以下の3通りの方法があるようです。
 

Continue reading Amazon Kindle 2 で日本語表示