映画「Gravity(ゼロ・グラビティ)」のCG

映画「Gravity」(邦題:ゼロ・グラビティ)は映画館で・・・・と思っていたのに、気が付けばDVDに 😳

で、この映画のコンピュータグラフィック技術が紹介されています。

 

出演者の顔の部分は、後から埋め込んだりしているのですが、全然違和感ないですね。 

ここまでCGが映画の特撮分を作るようになると、役者さんは、ほとんと何もないスタジオで想像力駆使して、その場面をイメージし演技しているでしょうから、役者さんの演技に膨大なイマジネーションが要求されているのですね。

サンドラ・ブロックさん、やっぱりすごいわ。

 

One thought on “映画「Gravity(ゼロ・グラビティ)」のCG”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *