Google Japanese IME

Google 日本語入力に開発版が追加されました。
Google 日本語入力(ベータ版)がリリースされたことは以前のエントリーで、ご紹介しましたが、その開発版が出ました。
開発版は、新機能や問題の修正をいち早く確認できる一方で、安定性はベータ版よりも不安定になるかもしれず、一般の利用はベータ版を薦めているようです。
開発版は、(以下引用)


・ 新機能が開発段階の形でリリースされます。場合によっては、一度追加された機能が次の更新で削除されることもあります。

・ 公開前に行っている社内テストが、一部省略されています。

・ ベータ版よりも頻繁に更新されるため、予期しないタイミングで使用できなくなるリスクが高くなります。

・ 問題の早期発見のため、使用統計データと障害レポートの送信が常にオンになります。

・ 単語候補の選択ウィンドウにビルド番号が表示されます。

といった違いがあるようです。
私のPCにインストールしたベータ版のGoogle日本語入力は、Chromeで使うとトラブル多いので^^;、それなら開発版にしてしまいましょう!!!と、開発版インストールしました。
それにしても・・・・とっても素人な意見で申し訳ないですが、入力システムの部分と辞書の部分って分けられないんでしょうかね~。 
日本語入力システムの肝の部分って、辞書機能のような気がするんですよね。 なので、辞書機能の部分だけ、自分の使い方にあわせて組み合わせできるとよいのですが・・・・
ちょっと調べてみますか。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *