Amazon Kindle 2 で日本語表示

ようやく^^;、Amazon Kindle 2の日本語表示についてです。
Kindle 2の日本語表示について説明をする前に、まず、Kindle 2でどんなドキュメントが表示できるか整理しておきます。
Kindleで表示できるのは、
1. Amazonで売られているKindle用の電子書籍(.azw形式のファイル)
2. Webページ(Kindleにインストールされているブラウザで)
3. 以下のファイルは、Kindle用に変換して表示可能(Kindle 2の場合)

• Microsoft Word (.DOC)

• RTF

• PDF

• Structured HTML (.HTML, .HTM)

• JPEG (.JPEG, .JPG)

• GIF (.GIF)

• PNG (.PNG)

• BMP (.BMP)

• Compressed ZIP (.ZIP)

 
です。
1.では、日本語の本を扱っていません。 
2.では日本語が四角で表示されてしまいます。 
3.はJPEGやGIFファイルなどのイメージファイルは以前のエントリーで紹介した、Amazonのサービスを使って変換すれば大丈夫ですが、PDFなどで日本語のテキストを含むファイルは日本語が四角で表示されてしまいます。
1. の日本語のテキストを含む本の発売は、Amazonさんにお任せするしかありませんので^^;、ここでは、2.もしくは3.で日本語を表示する方法を調べてみました。
で、それには、概略以下の3通りの方法があるようです。
 


その1: Topaz形式に変換
その2: Hackして日本語フォントをインストール
その3: イメージファイルに変換
Topaz形式というのは、Kindle用のファイル形式AZWにフォントを含んだ形式であるという説明がKindleのサイトにあるのですが、PDFファイルなどをTopaz形式にしてくれるサービスについては説明がありません。 これは、どうやら、商用向けのサービスのようです。
その2の方法は、今まで行ってきたPPCやOLPCの日本語化に近い手順で、KindleのWebブラウザでも日本語が表示されるようになります。
その3の方法は、PDFやWordなどテキストを含むファイルをJPEGなどと同様にイメージファイルにしてしまうという方法です。
弊サイトではまず、その3の方法を試してみました。
というのも、私がKindleを使って読みたいのは、日本語のWebページよりも日本語のPDFファイルだからです^^;。
で、見つけたのがPDFRead1.8という、PDFファイルをKindleなどのeBook用ファイルに変換してくれるソフト。
そして出来上がったファイルがこれ。

Kindleの画面ハードコピーを利用しているので、ハードコピー画面は少し汚いですが、Kindle上ではとても綺麗に表示されます。
 
それにしても・・・・PDFRead1.8を起動すると、PC画面の画面ハードコピーが撮れません…orz…何か設定があるのでしょうか???
 

One thought on “Amazon Kindle 2 で日本語表示”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *