Excel 2007のバグは1との相性が悪いらしい

もう既にいろいろなところで話題になり、Microsoftの公式サイトでも認められた^^;バグですが、Excel 2007で計算結果が 65,535 や 65,536 になる計算式(例えば、=5.1*12850)を 入力すると 100,000と表示されてしまうバグについて、おもしろそうなので試してみました。

結果・・・
 


icrosoftの公式サイトでは、計算結果の表示が100,000になるだけでその結果を使って別の計算を行っても正しい結果が得られる。。。といっていますが、コメントにもあるように、必ずしもそうではないようです。
例えば、以下のような計算結果:
A1=77.1*850 → 100000
B1=A1+1 → 100001
C1=A1-1 → 65534
D1=A1*1 → 100000
E1=A1/1 → 100000
となり、間違って表示されている計算結果から1を足す、引く、割る、かける、してみると、引き算だけが正しい結果で、後は間違って表示されている計算結果を引き継いでいますね。
Bug Fixを待ちましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *