Windows Vistaの日本語化 Adv

Windows Vista Home/Windows Vista Ultimate
Windwos Vistaで日本語入力・表示するための設定や、デスクトップ、ヘルプなども日本語にする設定(Windows Vista Ultimate)については、Windows Vista Homeの日本語化Windows Vista Ultimateの日本語化で説明しました。
今回は、Non-unicodeプログラムをWindows Vistaで使うための設定方法です。
 
関連記事:
Windows Vista Homeの日本語化
Windows Vista Ultimateの日本語化


Windows VistaでNon-unicodeプログラムを使うためには、下記のような設定を行います。
設定方法:
権限:Standard user/Administratorで設定できます。
適用範囲:全てのユーザ設定
1. Control Pannel → Clock, Language and Regionをクリック

2. Reigional and Language OptionsからChange keyboard or other input methodsをクリック

3. AdministrativeのChange system localeをクリック

4.Current System localeを設定したい言語に変更

以上。
Non-unicodeプログラムとは、Unicode以前(=Windows XP/Vista)の言語コードを使ったプログラムで、このプログラムをWindows Vista/XPでそのまま実行すると文字化けしてしまいます。
この設定は、このような文字化けを防ぐための設定で、Non-unicodeプログラムを利用する予定のない方は、この設定不要です。
また、この設定はユーザ別に設定することができないため、一度設定するとそのPC上のすべてのユーザに適用されてしまいますので、設定にあたっては、この設定の必要性、他のユーザへの影響を配慮して行ってください。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *