Portable Open Officeの日本語設定

以前、Portable ソフトウェアでもとりあげましたが、Open Officeは、PotableソフトウェアとしてUSBなどにインストールし、持ち運ぶことができます。
Portable Open Officeは、インストール後、そのままでも日本語入力が可能ですが、メニューやヘルプなども日本語にしたい場合は、Open OfficeのLanguage Pack日本語をインストールします。
その設定方法は以下の通りです。
 


1. Portable OfficeからFree Office Suiteをダウンロードし、インストールします。
英語版のままでも、日本語入力はできます。


2. メニューなども日本語にする場合は、http://oootranslation.services.openoffice.org/pub/OpenOffice.org/から、ランゲージパックをダウンロードします。 ランゲージパックは、1. でインストールしたOpen Officeと同じバージョンのものを選択してください。
3. Open Officeをランゲージパックをインストールする場合、英語版Windows XP/Vistaで以下のいずれかの設定を行います。
i) AppLocal Utilityを使う(Win XP)
ii) デフォルトコードページの変更(Win XP)/
4. 画面の指示に従ってインストールします。(下記の画面はAppLocal Utilityを使う(Win XP)を使ってインストールしています。)





解凍先フォルダはデフォルトのまま(デスクトップ)で問題ありませんが、ランゲージパックの出力先フォルダは、OpenOffice.org Portable のAppフォルダのopenofficeフォルダを指定して日本語ランゲージパックをインストールします。

4. Open Officeを起動し、Tool → Options → Languages からJapaneseを選択。 Open Officeを再起動します。

5. これでメニューなども日本語になります。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *