AOLメールの文字化け 直し方

・AOLから送信したメールが文字化けしている場合
・AOLで受信したメールの文字化けの直し方
ここでは、AOLメールをWebメールで利用したときの文字化けの直し方について説明しています。 AOLメールを、Internet Explore,Thunderbirdなどのメールソフトを使って送受信されている場合は、お使いのメールソフトのメールの文字化けを参照ください。

AOL.comから英語以外の言語でメールを送信した場合、エンコードがUTF-8に設定されます。
AOL.comから送ったメールが文字化けしていた場合、受信側のエンコードをUTF-8に設定すると文字化けが直るはずです。
ただし、HotmailのWebメールや日本の携帯メールのように、エンコードを簡単にUTF-8にできないような場合は、AOLの日本語サイトからサインインしてメールを送るとよいでしょう。
 

AOL.comは、送られてきたメールのエンコードを自動判別しているので、エンコードが正しく設定されていれば、ほとんど文字化けしません。
AOL.comで受け取ったメールが文字化けしていた場合、Action → View Message Source からそのメールに設定されているエンコード(Content-Type: text/plain;に設定されている内容)が正しいかどうか確認してください。
メールが日本語の場合、この設定は
charset=ISO-2022-JP
charset=Shift_JIS
charset=EUC
charset=UTF-8
のいずれかである必要があります。
これ以外の設定になっている場合は、メールを送信した方の設定が日本語メール送信用の設定になっていないので、これを日本語用に設定してもらってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *