PCを守るソフトウェアとブラウザ拡張機能

今年も、セキュリティソフト各社から2007年版のソフトウェアが出揃いました。
PCを守るためのソフトウェアとしては最低限、インターネットセキュリティ(アンチウィルス+ファイヤーウォール機能)ソフトウェアとスパイウェア対策ソフトウェアをインストールすることは、もう既に多くの方が実施されていると思います。(参照:PCのウィルス・スパイウェア対策1,2,3)
今回はこれに加えて、インターネットをより安全に使うためのブラウザの拡張機能(ブラウザの基本機能に追加でインストールするソフトウェア)をご紹介します。
1. インターネットセキュリティソフト
まずはじめに、何は無くとも^^;、インターネットセキュリティソフトを購入しましょう。 
Norton Internet Security Suite 2007
PC-cillin 2007 (12-months)
McAfee Internet Security Suite 
 
2. スパイウェア対策ソフト
次に、スパイウェア対策ソフトは、以下のような無料のものがあります。 (注:ただし、悪質なスパイウェアに感染してしまった場合は、PestPatrol Anti-Spywareのような有料ソフトが必要です。)
Ad-Aware
Spybot-S&D
CWShredder
また、
は、Googleから無料でダウンロードできるソフトウェアパッケージで、この中に、Norton AntivirusとAd-awareが含まれています。 


 


次に、インターネットを使うときのセキュリティソフトウェアとして、私はブラウザに次の2つの拡張機能をインストールしています。
1. Toolbar
ツールバーは、ブラウザからの検索を簡単にする拡張機能ですが、これにはポップアップ広告を防ぐ機能なども追加されています。 ブラウザに組み込むツールバーはいろいろなところから無料で出ているので、自分の使い方にあわせて選んでください。 代表的なものは
Google Toolbar
Yahoo Toolbar
Windows Live Toolbar
などがあります。
2. SiteAdvisor
これは、検索結果などで表示されるサイトが安全なサイトか、アクセスしたサイトが安全なサイトかどうかを表示してくれるソフトで、McAfeeの製品には既に含まれているようですが、個別に無料でダウンロードすることもできます。
McAfee SiteAdvisor
これで、検索結果から、うっかり危ないサイトをアクセスしてしまう・・・・・という危険をかなり防ぐことができます。
まだ、インストールされていない方、是非お試しください。
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *